カードローンのためのファイナンシャルプランニング

銀行のカードローン以外にもカードローンについて調べたのでまとめてみました。参考にしてみてくだい。

カードローンは急にお金が必要になった時に、すぐにATMで借りられるのが便利です。あまりにも簡単にお金を手にできるため、ついつい借り過ぎてしまう人も多いでしょう。

けれどもお金は借りたら、いずれ返さなければいけません。返済のことを考えないで、安易にあれもこれもとお金を借りてしまうと、そのうち自分の返済能力を上回ってしまい、やがて身を亡ぼすことになってしまいます。そのため返済はもちろん、借りる時もしっかりと計画しなければいけないのです。

ここでは、カードローンをファイナンシャルプランニングの観点から、どのように借りて返済するべきなのか紹介します。

まずはカードローンの返済額と利息の仕組みについて知ろう

カードローンは借りた期間に応じて利息が発生するものです。利息は以下の式で求められます。

利息=元金×金利÷365(1年の日数)×借りた日数

例えば10万円(元金)を年利15%(金利)で、300日(期間)借りたとします。そうすると、

利息=100,000×0.15÷365×300≒12,328円

となります。こうして具体的な数字で見ると利息が多く感じられます。もし、金利が8%になれば利息は約6,575円となり、カードローンを利用する時は金利が重要であることを思い知らされるでしょう。

ご自分で正確に金利計算する場合は下記のサイトがオススメです。
ローン返済(毎月払い) – 高精度計算サイト
元利均等または元金均等方式で、借入金から毎回の返済額と借入残高の表を計算します。

住宅ローンであれば住宅、カーローンであれば車が担保になりますが、カードローンには担保がありません。そのため、万が一の補償を考えて利息が高くなる傾向にあるのです。また、少額の借り入れになるほど利息が高くなるのも、手数料として得られる銀行や消費者金融の収入が、高額の借り入れよりも少なくなるからです。

先ほどの計算結果は、借入時に元金と期間から利息を確定させた場合の方法ですが、カードローンは限度額の範囲であれば、いつでも自由に借りられるので、常に残高が変化します。そのため、借り入れのたびに利息を計算していると、残高に応じて利息の額も増えてしまうため、返済の負担が大きくなります。また、貸し付ける側にしても計算が面倒になるのです。

そのため、多くの銀行や貸金業者は返済方法に「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用して利用者の負担を減らし、カードローンを利用しやすくしているのです。

「残高スライド元利定額リボルビング方式」というのは、いくつかの支払方法が組み合わさったものです。まず「元利」というのは「元利均等払い」のことです。返済額の中に利息と元本が含まれています。最初のうちは利息の占める割合が大きいため、元本がなかなか減らないデメリットがあります。けれども返済額を均一にできるので、返済計画が立てやすいというメリットもあります。

「定額リボルビング払い」というのは借り入れ額に関係なく、毎月の返済額が一定になる方法です。例えば月の返済額を1万円に設定していたら、残高が10万円でも50万円でも毎月の返済額は1万円なのです。けれども、高額を借りているのに少ない金額で返済していると、利息ばかり返済することになり、元本がいつまでも減りません。

そこで、借入残高に応じて月々の返済額が変わる「残高スライド方式」を組み合わせて、残高が多い時は返済額も多く、残高が少なくなれば返済額も少なくなるように設定しています。これら3つの方式を組み合わせた返済方法によって、カードローンの残高が上下しても返済しやすく、利息を払いつつ元本も少しずつ返済できるようになります。

カードローンを利用する時には、このような流れで利息が計算されることを覚えておきましょう。

カードローンの返済計画を立てよう

カードローンは「残高スライド元利定額リボルビング方式」で返済されることは分かりましたが、では利息がいくらで元本はどのように減っていくのでしょうか。月ごとに元本が変動して、その度に利息を計算し直すので、自力で簡単に計算できるものではありません。

そこで各銀行や消費者金融では、自社のホームページに返済シュミレーションを設けています。借りたい金額と返済期間、年利を入力すれば、毎月の返済額と、元金・利息の内訳、最終的な支払金額が分かるようになるのです。

最初の例に戻って、10万円を年利15%で10か月(約300日)借りたとします。「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用している消費者金融の返済シュミレーションで計算すると、月々の返済額は10,700円。利息の支払額は6,999円であることが分かりました。先ほどと利息の額が違うのは、こちらの場合、月々の残高に応じて利息を計算し直しているからです。

次に大まかで構わないので、返済期間の月ごとの収入と支出を表などの分かりやすい形式で書き出します。支出はできるだけ費目ごとに分けておいた方が、次の作業において便利です。

10か月分の収支見込みを書きだしたら、どこから返済額の10,700円を捻出するか考えます。夜の付き合いを2回ほど諦めたり、娯楽費を抑えたり、食費を削るなど、その方法は様々でしょう。問題は返済できるだけの余裕があるのかを確認することです。ここで、どう考えても返済額を捻出できないようでは、借りても返済に苦しむことになるでしょう。

仮に返済できる金額を捻出できたとしても、それで収支ギリギリになるようであれば、カードローンの利用を考え直すべきです。なぜなら冠婚葬祭や医療費など急な出費に対応できなくなるからです。もう少し余裕を持たせた方が安心でしょう。

カードローンの返済には毎月の定額払いのほかに、ボーナスなどによる繰り上げ返済も利用できます。この場合も、全額使い切るのはNGで、やはりある程度は残しておきます。そうすれば、次の緊急時にすぐカードローンに頼らなくても、対応できるかもしれません。

無理して返済することで、生活に支障をきたしたり、まして新たにカードローンを借り入れてしまっては何の意味もありません。その辺りのバランスを考えながら、自分がどこまで借りられるのか、判断しましょう。

「返済負担率」で無理なく返済できる目安を知ることができます。これは借り入れ額を年収で割るもので「%」で求められます。一般的に返済負担率は年収の25%から35%以下に抑えるのが適切と言われています。もし、年収200万の人だったら、20万円までが年間に借りても返済できるであろう金額です。消費者金融の「総量規制」は年収の3分の1が基準で、約33%に当たります。「返済負担率」の利に適った基準なのです。

本当にこのカードローンは必要ですか?

カードローンはATMにカードを入れて、金額と暗証番号を入力すれば、気軽にお金を手にできるシステムです。そのため、ちょっとした理由でついつい利用しがちです。けれども返済のことを考えると、本当にカードローンを利用する必要があるのか、十分に考えたいものです。

まず、代替策がないのか考えます。貯金があれば、それに手をつけた方が良いでしょう。もし、銀行の定期預金があるなら「自動貸付制度」を利用する方法があります。残高が不足していると、定期預金の9割まで自動的に貸し付けてくれるシステムです。利息も定期預金の金利に0.5%を加算したくらいなので、カードローンと比べればずっと安くなります。

また、保険に加入しているなら同様に「生命保険契約者貸付制度」があります。これは保険を解約した場合に受け取れる「返戻金」の範囲で借りられる制度です。ただし、この制度は貯蓄性のある養老保険や年金保険に使えるもので、返戻金がない掛け捨ての保険は対象外です。また、保険会社で手続きしなければいけないので、お金を手にするまで時間がかかります。

先ほどのように収支を見て、そこから捻出できるか考えるのも一つの方法でしょう。もしお金を必要とするまで、ある程度の猶予があるなら、少し家計をやりくりするだけで用意できる場合もあるのです。もし、家の中に価値のある不用品があれば、オークションやフリーマーケットで売ったり、質屋に預けてお金に変えるのも一つの方法です。

次に目的の面からカードローンの必要性を考えます。命にかかわるなど緊急性が高いものは積極的に利用するべきでしょう。また、冠婚葬祭のような予期せぬ出来事も仕方ないかもしれません。

どうしても今で無ければ楽しめないことや、手に入らないものがあるというのは判断が難しいところです。前者であれば子供の成長に絡んだことや結婚の思い出などは、その時を逃すと次がありません。後者もお金が貯まるまで待っていたら、もう入手できないか、できたとしても余計にお金がかかるかもしれません。もちろん、確実に返せる範囲なら利用しても問題は無いでしょう。

資格取得や海外留学など先行投資を目的とするなら少し微妙です。価値観にもよりますが、お金が貯まってからでも間に合う上に、収入として確実に返ってくる見込みもないからです。同じスキルアップでも仕事に大きく関係するものであれば、カードローンを使ってでもすぐ身につけた方が収入アップにつながります。けれども、就職や転職に有利だからというのは未知数に過ぎず、職に就いて必要となってから検討しても遅くはないでしょう。

生活に困っているという理由でカードローンを利用するというのは、もっともお勧めできません。ただでさえお金が無い状況で借りても、返せる見込みが無いからです。それなら生活保護を申請したり、厚生労働省の「生活福祉資金貸付」の制度を利用したり、失業して生活に困っているなら失業保険を受け取れる可能性だってあります。

このように、カードローン以外でお金を用意する方法はいくらでもあるし、どうしてもカードローンを利用しなければいけない場面もそんなにないのです。まずは借り入れ前にじっくりと考えてみましょう。

カードローンの返済に困ってしまった時の対策

もしカードローンの返済に困った時は、まず生活費のやりくりでどうにかなるか検討しましょう。借りる前の代替策と同様、家にある不用品を売ってお金を捻出したり、預金や保険の貸付制度を利用するなどです。

生活の中で大きな出費となっている固定費を削減するという方法もあります。特に車は維持費がかかるので、カードローンの返済に困るようであれば、いっそ手放すべきです。また、携帯電話代も見直すと効果が大きいでしょう。

家族に頼るというのは簡単なようで難しいものです。多くの人が家族からお金を借りるのは抵抗があるでしょう。けれども、恥を忍んで速やかに事情を話した方が早くこの問題を解決できる場合もあります。

どうしてもお金を用意できず、返済が遅れそうな時は、必ず借入先に相談します。銀行にしても、消費者金融にしても返済不能になる事態だけは避けたいので、対応策を考えてくれるでしょう。次の月にまとめて返済するなどの猶予をくれることもあります。何の連絡も無しに滞納するのは、却って印象を悪くして不利な立場になってしまうので、それだけは避けましょう。

返済額が多くて困っているなら「おまとめローン」を検討する方法もあります。新たな借り入れはできなくなりますが、金利が安くなるのがメリットです。けれども有利な金利で総量規制以上のお金を融資するので、審査は普通のカードローンよりも厳しくなります。

このような問題を取り扱う専門の機関に相談するという方法もあります。カードローンについては「日本クレジットカウンセリング協会」という組織があり、返済の相談に応じてくれるほか、家計を見直してくれたり、時には債務整理を手伝ってくれたり、弁護士を紹介してくれます。直接出向かなければいけませんが、利用料はすべて無料です。

債務整理は最後の手段です。日本クレジットカウンセリング協会でも手伝ってくれる「任意整理」は利息分の返済が免除され、借り入れた元本のみを最大3年かけて返済していく方法です。元本の返済能力さえ無い場合は、「自己破産」の手続きをしますが、その後数年間は新たな借り入れができなかったり、職業が制限されるなどの不自由を覚悟しなければいけないでしょう。

このような不測の事態は早めに手を打つほど、ダメージは少なくて済みます。返済が大きな負担になったら、ギリギリまで我慢せずに、すぐに相談するなどの対策を取りましょう。

上手なカードローンの活用方法

カードローンは利用の仕方によって、とても便利で、時には他にお金を用意する手段よりもお得になることがあります。そんな上手な活用方法を見ていきましょう。

銀行や消費者金融の多くは、初めての利用に限り30日間無利息で貸し付けてくれます。これを利用すれば、30日以内の返済なら利息は発生しません。中には全額返済した後の翌月なら何回でも1週間は無利息になる消費者金融(詳しくは消費者金融おすすめランキングを参照ください)もあります。

例えば夜遅くに銀行の預金からATMでお金を引き出そうとすると、手数料がかかります。もし無利息のカードローンを手数料無料で利用できるなら、そちらの方がお得なのです。借りたお金は日中の手数料がかからない時間に引き出した預金で返済すればいいのです。

こうした無利息のサービスを利用するためにも、カードローンは一つの目的で一回利用したら、全額返済するまで、できるだけ他の目的で使用しないのが望ましいのです。返済額や利息が増えて、さらに負担が大きくなるのを避ける効果もあります。

カードローンは借り入れている時間が長いほど、多くの利息が発生します。返済方法は基本的に毎月定額を返済していく「約定返済」ですが、それとは別にお金を返済できる「随時返済」もあります。例えばボーナスなどでお金に余裕がある時は一括返済すれば、その分だけ利息を節約できるのです。

ただし、ATMから随時返済する時に手数料が発生すると、余分にコストがかかってしまい、利息を減らした意味がありません。ある程度まとまったお金がある時にするか、手数料がかからない返済方法を探すべきでしょう。

銀行や消費者金融の中には、カードローン利用の際に、ポイントサービスを実施しているところがあります。貯まったポイントで、ATM手数料が無料になったり、一定期間無利息で借りられるようになるところもあります。せっかくカードローンを利用するのですから、このようなポイントサービスも活用して、少しでも利息の負担を減らしたいものです。

カードローンのベストな使い方は「小さく借りて早く返済する」こと。それが利息を最も少なくできる方法です。ATMやポイントサービスを上手に取り入れて、お得にカードローンを使いこなしましょう。

 

さいごに

消費者金融のCMで「ご利用は計画的に」というキャッチフレーズがあるように、カードローンを利用する時は事前の計画がとても重要です。カードローンは必要な時にカード一枚ですぐにお金を貸してくれる、とても便利な金融サービスです。ただし、それを有効活用できるか、逆に身を亡ぼす要因になるかは誰のせいでもなく自分次第なのです。

そのためにもカードローンの仕組みを十分に理解し、自分の返済能力を把握して、無理のない範囲で利用することが大事です。事前に計画を立てることは、その目安をつける上で役に立ちます。

車ローンでマイカーを購入しよう

自分でマイカーを購入するというのは、大人になるための階段のようなものです。最初の車は、親に買ってもらったりすることもあるでしょうが、やはり自分で車を購入するようになると一人前でしょう。また、誰に遠慮することなく、好きな車を購入できるのも良いですね。そのため、多くの人は就職すると直ぐに車を購入しようとしますが、なかなか一年目の新入社員の給料では車は買えません。一年分の給料を全てつぎ込んでやっとというところでしょうか。車の値段にもよりますが、新車になると、生活費も考えると数年かかる場合もあるでしょう。しかし、何年も待てないという人がほとんどだと思います。そのため、多くの人は車ローンでマイカーを購入するのが普通です。

車ローンを利用すれば、何年も待つことなく、直ぐにでもマイカーを手にいれることができます。しかも、ローンの期間を長くすれば、高級車も夢ではありません。ベンツやBMWという有名な車を運転することができるわけです。もちろん、ローンですから返済していく必要があるので、分割とは言っても、自分の返済能力を考えてから購入する車を選びましょう。また、ローンですから利息が発生することも覚えておきましょう。業者の利息というと、高いと思われるかもしれませんが、多くのローン業者では、車ローン用の低い利率を設定していますから、ネットなどで一番お得な業者を探しましょう。ローンの金額によってお得な業者も変わりますし、ローンの上限期間もマチマチなので、よく考えてから業者を選択してください。

キャッシングする時はネットで情報収集しよう

パートの私もアコムマスターカード

この春、次男が中学に入学するんですが… お金が足りない。 一生懸命パートしてるんですが。長男の大学費用やなんやかんやで気がついたら追いつかなくなってました。何百万も足らないっていうのじゃないんです。 制服代が意外に高くて、5万円足りない!公立の中学なのでもうちょっと安く上がると思ってたのですが、 必要な物が長男の時と変わっていてびっくりです。

5万って微妙ですよね。 私の計算が予想ハズれだったので主人にも相談しにくいです。かなり、言いにくい。 そこで、ネットで調べて見て主婦でも申し込みできるカード見つけました。「アコムマスターカード」 「アコム」ですからね、主人に言ったら怒られますかね(汗) でも、マスターカードも付いてるので一応主人には 「クレジットカードつくるね。」 と言って起きました。

嘘じゃないですもんね、クレジットカードの機能も付いてるんですから。一応パートしてるので安定した収入がありますし、 在籍確認も個人名で連絡してくれるらしいので安心です。アコムだからキャッシングができますが、 今のところ必要ないので使わなければイイんだし。限度額低めに設定してもらっとこうと思ってます。 頑張ってパートもしてますし、 節約してるんですけどやっぱり苦しい時がありますよね。

カードのデザインもシンプルでマスターカードのマークが目立つので、 主人がパッとみても気づかないと思います。 利用明細は、希望している人以外、自宅に郵送される事はないらしいです。もちろん、ATMなどで返済した時は明細ちゃんと出てきますが。最短即日発行らしいので自動契約機に走れば来週には余裕で間に合いまね。家族にもバレず、来月のパートの給料日まで乗り切れそうです。

アコムのキャッシングを調査しました♪

アコムは消費者金融業者の中で大手の会社であり、キャッシングを行っています。アコムの利用はインターネットより申込みをすることができるように なっており、便利に利用をすることが可能です。またこのアコムは大手の消費者金融業者としてキャッシングの利用をする場合は安心感があり長い実績もあるこ とが特色です。この消費者金融業者のキャッシングの審査の申込みをする場合は、銀行等と比べて審査のスピードが早いことが特徴です。また最短では即日で融 資が実施されるケースもあるため、すぐに現金が必要になる場合には助かることになります。消費者金融の利用では利便性や会社の信頼性等が選ぶポイントにな りますが、この消費者金融業者は備えています。アコムのキャッシングの方法はインターネットの他に店頭窓口からのキャッシングや提携ATMから、また電話 からの指定口座への振込みを選ぶことができます。

インターネットから申込みをする場合は、パソコンやスマートフォン等から利用をすることができるようになっており24時間いつでも利用をすることが できる点に加えて、振込み手数料も無料になっています。このように簡単な手続きにより指定の口座に振り込みのキャッシングができるようになっており、日常 生活のサポートでは大きな存在です。実際に利用する場合には金利の水準に注意をして、早めの返済を心掛けるようにすることが必要になりますが返済はコンビ ニ等のATMより返済ができます。

アコムのキャッシングでは、各契約者ごとに利用限度額という ものが設定されています。限度額とは、実際に利用(借入れ)できる金額の上限度額ということで、限度額内の金額であったら、何度でも繰り返し利用する事が できます。例えば限度額が30万円に設定されている場合、最大で30万円までの借入れしかできません。もし、ここから10万円を借りた場合、残り20万円 を借りることができます。ただし借りた10万円から5万円を返済した場合、残り25万円を借りることができます。このように借入れと返済を繰り返すこと で、延々と利用し続けていくことが出来るのです。

ちなみに、限度額は返済能力に応じて設定されるので、契約者ごとに異なります。契約してみて「限度額少な い…」と思う方もいるかもしれませんが、それが現在の自分の能力の限界ということです。しかし、この限度額は上げてもらうことも可能です。「限度額変更申 込」から申し込みをすることで、別途審査を行い、限度額を増額してもらえる可能性があります。また、「限度額=信用(返済能力)」ですので、借りた分をき ちんと返済していくことによって、信頼できる債務者であるという事を示せば、いずれは限度額を増額してもらうことも可能です。

アコムは、その人の返済能力に応じた限度額を出してくれるので、自分がどの程度信用されているのかという判断に もできます。計画的に利用し、信頼してもらえる債務者になりましょう。

キャッシングは無担保・無保証で契約ができ、コンビ二 ATMや振り込みを活用して、限度額以内であったら何度でも繰り返し借入れできる便利な融資です。ただネックを挙げるとしたら、それは金利になるでしょ う。小額の借入れでも利息が付いてしまうため、人によってはそれを損していると感じることもあるかもしれません。それならば家族、親族、友人、知人などか ら借りたほうがいいと思うはずです。

しかし、お金を気持ちよく貸してくれる人はいないし、突然の出費の度に借りるわけにもいかないので、相手の迷惑になる ことを避けたいと思ったら、個人間でのお金の貸し借りはお勧めできるものではありません。それなら、やはりキャッシングのほうがいいでしょう。実は、 キャッシングでも必ずしも金利が負担になるわけではないし、利用の仕方によってはキャッシングの方が経済的だったりします。もし、利息負担を減らして キャッシングしたいなら、「アコムの30日間無利息キャッシング」を利用してみてください。

これはアコムが新規契約者に提供しているサービスで、借入れを してから30日以内に返済すれば、その元金に対して利息はつけないとしたものです。期間が限定されますが、利息なしで融資を受けるお得なキャンペーンです ので使わない手は無いでしょう。また利息自体は日割り計算で出すので、短期返済をすれば利息は最低数円からで済み、決して負担とはいえません。キャッシン グなら、自分の口座からお金を引き出す手数料よりも安く済ませる事だって可能なのです。

今月は思ってもいなかった出費があったから、給料日まで少しお金が足りないからお金を借りたい!なんて事あると思います。そんな時に使えるのがカードローン。しかし、ローンを組むとなると、収入証明とかわざわざ用意しないといけないし、手続きや審査とか面倒くさいって思いますよね。しかし、最近では所得証明不要のカードローンがあるのです。

例えば、カードローン会社で有名なアコムです。アコムなら、収入証明書を用意しなくても、本人確認のできる健康保険証かパスポート、自動車免許書のどれかがあればいらないのです。ただし、借りるお金が50万円以上の時は必要になってきますが、それ以下ならば不要ですし、パートやアルバイトの方も申し込みができるのです。

そして、さらに魅力的なのが、わざわざ書類を揃えたり、お店に出向いたりしなくても、ネットで申し込みができることです。ローンを組む時は大体、審 査があるので、お店に行って申し込んだりすると、待ち時間が無駄だったりしますよね?それもオンラインだったら3秒で借りられるかどうかを診断してくれる ので、手続きがとっても簡単!ありがたいですね。

アコムだけでなく、最近はオンラインで申し込みできるところが増えてきています。他にも、借入限度額が50万円以下でよければ、収入証明書がなくても借りられるところはいくつかあります。プロミスやイオン銀行もそうです。限度額内で済む方は申し込みが楽で、きちんと大手で借りることもでき安心なので、おすすめします。